周辺施設ご紹介      案内マップはこちらです


二軒茶屋餅角屋本店

400年の昔からの茶店。現在の建物は明治期に建築されたもので、築約100年。現在も昔ながらの竹皮包みで二軒茶屋餅の販売をしています。
また、極上の日本茶とセットで二軒茶屋餅を上がっていただくこともできます。


年中無休 午前8時〜売り切れまで


角屋民具館

この資料館は、餅の原料となる黒砂糖(戦前までは餅の餡は黒砂糖を使っておりました。)を貯えおく蔵だったもの。黒砂糖は遠く琉球から堺を経由、勢田川を利用して運ばれこの蔵に収められていました。 この地に創業して、およそ四百年。当主で二十代を数える二軒茶屋餅の「角屋」には、いつの間にやら、くさぐさの古物が蔵の中に山積みとなっておりました。
大福帳、古い餅つき道具、徳利や昔の帳場の調度。和紙を袋とじにした宿泊人の名簿など、長持にあふれるほども出てまいりました。
反古同然の品々ですが、昔をしのぶよすがになろうかと、整理整頓してお目にかける次第です。ここは伊勢まちかど博物館に認定されています。

年中無休 午前8時〜5時まで 無料


味噌たまり蔵

18代目が味噌たまりの醸造を始めて以来、現在に至るまで手作りの味噌、溜り、醤油の醸造を続けています。また、溜りを使った伊勢地方独特の伊勢うどんのたれも製造しています。
建物は、本店より古く、およそ120年経っています。いまでも現役の醸造所ですが、ご希望の方には昔ながらの醸造風景をご案内いたします。
今ではほとんど博物館でしか見れなくなった、100年ものの「たる」や、「舟」などの醸造施設が使われているところをご覧いただけます。
伊勢まちかど博物館に認定されています。

年中無休 午前8時〜5時まで 無料


その他

 明治天皇御上陸地記念碑
明治5年5月25日、明治天皇が初めて伊勢神宮に行幸された際、西郷隆盛以下を連れて、この地二軒茶屋から上陸されました。これを記念してこの碑が建立されました。
二軒茶屋餅角屋本店では、これにちなんで、15年ほど前から毎月25日には、昔懐かしい黒砂糖を使った「黒あん二軒茶屋餅」を販売し、地元の方々にご好評をいただいています。


 楠の大樹
角屋創業の時に植樹されたという伝説の大樹。本店と旧二見街道を挟んで向かい合っています。枝は、旧道をまたいで本店の2階庇に届いています。
伊勢湾台風で大枝が1本折れましたが、今も健在です。角屋の者は、霊木のように大切にしています。

地ビール工房&レストラン 伊勢角屋麦酒蔵 三重県伊勢市神久6丁目428 TEL 0596-23-2880 FAX 0596-21-3109 E-mail info@kadoyahonten.co.jp